FC2ブログ

『万引き家族』 監督:是枝裕和

cinema
06 /27 2018
mannbiki.jpg

14年前、『誰も知らない』を見たときは、怒りとも悲しみともつかないやり切れなさを感じました。
衝撃という意味では私にとっては「『誰も知らない』の方が大きかったと思います。
それは子どもを捨てる側が描かれた話でした。
対してこの『万引き家族』は子どもを拾う側の物語。
この『万引き家族』では監督の”怒り”をより強く感じましたが、私個人としては「なんてちゃんと機能している家族」なんだろう、と感心してしまったほどです。
私は家族は機能だと思っているので、一人で生きていけない幼い子供は食事を与え、安心していられる場と寝場所を確保することは家族の機能として最低限の必須なのに、虐待で寒い夜に外に出すなんて言語道断。安藤サクラのいう通り、捨てる親がいたから拾って幼児に必要なものを与えて家族として育てて、何が悪いの?と思ってしまいました。
祥太という少年がこの家族の息子になった経緯はラストで明かされますが、少女と同じで、血縁上の親が捨てたものを拾って育てただけという安藤に、女性警官の投げる言葉は全く説得力を持たず、怒りすら覚えました。
しかしこの少年は父親から教わった万引きに疑問を持ち始め、わざと捕まることをきっかけにこの”家族”は崩壊します。これはこの少年が自分で判断できるまでに成長したわけで、この家族から卒業する時がきたということ。そしてそれまでの親の庇護が必要な時期をこの万引き家族がきちんと担っていたわけで、ものすごくちゃんと機能してるじゃん、万引き家族! マスコミも役所もこの家族を褒めてもいいくらいなのに…。
例えば海に遊びに行った時、父は朝立つ現象?について、男ならみんなあるもんだと言って、病気かと思って心配していた少年を安心させます。こういうちょっとした会話が親としてすごくきちんと機能しているのです。これこそが家族の役割ってやつじゃないのかな〜。
だから、犬や猫の里親と同じで、もっと拾う家族がいっぱい増えて、万引きしなくても生計が成り立つように、公的に助成すればいいのに!きっとこの映画から感じる監督の怒りはそういうことなんじゃないでしょうか?(ちょっとちがうか?)
役者がみんなよくて、樹木希林にリリーフランキーと聞いただけで、「え?また〜」とがっくりしてたのですが、これはそれぞれ本当にピッタリでした。そして何よりも安藤サクラの素晴らしいこと。
子どもたちも本当に自然で、子役のリアルさを引き出すのはこの監督の得意技なんでしょう。

しかし家族として感心したのとは別に、夫婦とも万引きが仕事なわけではなく、仕事を持っているにも関わらず、非常に貧しいという現実。監督の怒りはこれに対するものだったのかもしれません。
映画のあと友人と、「これが昔だったら、こういう家族っているんだなぁ」と他人事で終わっていたけれど、今や、こういう転落をする可能性は誰にでもあるよね、という話になりました。
先日のNHKスペシャル「ミッシングワーカー」の話題になり、このドキュメンタリーの衝撃に比べれば、愛がたくさんあるだけ幸せな家族の物語と言ってもいいほどです。
そのくらいじわじわと孤独と貧しさに覆われているのが今時の日本の現実なのかもしれません。

スポンサーサイト



「老乱」「反社会品」「虚栄」  久坂部羊 :著

book
06 /12 2018
「老乱」
kusakabe01.jpg
主人公は妻を病で失った一人暮らしの78歳男性。毎日日記と漢字書き取りを欠かさない几帳面で真面目な性格。時々自分がどこにいるのか分からなくなるなどボケ症状が出始めるものの、自分ではまだまだちゃんとしていると思っている。
近所に住む息子夫婦は事故を起こしてからでは遅いと車を運転をやめさせようとしたり、ボケ症状が出ていないか日付を聞いたりすることに、主人公は徐々に苛立ちと不安を募らせていく。
やがて問題を起こしレビー小体型認知症と診断され施設に入るが、当初リハビリして家に戻れると頑張っていた主人公は、自分の介護費用捻出のため自宅を売却されたことを知り絶望、一気に認知症状が進み、廃人のようになってしまう。見かねた家族の決断は…

この小説には悪人は誰も出てきません。
介護される老人側からの心理が書いてあるのが、介護のヒントにもなります。
我が家のケースでは認知症の医師から怒鳴ったり怒ったりしてはいけないとは言われていましたのでその点は注意していましたが、母は色んなものを変なところにしまいこんでしまうため、思わず詰問調になることも多かったです。でも今度からは「〇〇どこいったのかな〜?お母さんも一緒にさがしてよ」と言い方を変えてみよう。
正直いうと、うちの母は元気な頃よりもボケた今の方が性格は良くなっている気がします。
若い頃はまじワガママで自分勝手だったからね。

この小説のお嫁さんも息子さんも親思いのいい人たちです。それはこの主人公が温厚で優しくて真面目で、息子夫婦から好かれていたからでしょう。
そこいくと、うちの母みたいに「このオバハンって親としてどうなの?」って思ってた人に優しくするのはちょっとシャクでもあります。
だからと言って、毒親とか、母と娘の葛藤みたいのが流行っていますけど、あれは私には理解できないのです。
私の場合は虐められたとかじゃなく、放ったらかしだったためか、母に恨みはないんですよね。
私は若い頃、どこで夜を明かそうが、行き先の決まってないバックパッカー旅行に行こうが、親に心配かけてるという発想がゼロだったため非常に自由だったのです。それはこの放任母のおかげだったと思うと、今、自分と子供との関係を考えると、色んなことを心配し注意する私は子供の自由を奪っている気がするのです。
でも親になって見て、親が子供を心配するのは自然な感情と思うので、そう考えると私は愛されていない子供だったのかな?とも思います。完全に私の存在忘れてたもんね、このオバはん(*`ェ´*)/

親が認知症になるまで長生きするのって、迷惑だし、お金はかかるし、不毛だし、いいこと一つもないんですけど、それでもどこかで得難い体験をしているような不思議な感慨もあります。いやいやそんなこと言ってしみじみしているバヤイではない。本気で施設探して今度こそショートステイ行ってもらわねば!

「反社会品」
kusakabe03.jpg
これまで読んだ久坂部羊作品は「悪医」も「老乱」も辛辣な描写はあるものの、読後感は暖かい人間に対する信頼があったのだが、この短編集は違います。
社会に対する風刺、悪意、皮肉、ブラックユーモアに満ち溢れた作品集で、後味の悪いものも多い。でもきれいごとではすまない医療がらみの現実を鋭く切り取っていると思います。

「人間の屑」ネオ実力主義による政権が支配する日本を描く。 「「働かないヤツは人間の屑!」と主張する”愛国一心の会”代表は現実の政治家を彷彿させ、人々は生活保護受給者、心の病、病人等の弱者を許さない空気に支配される。怖いし、人々が弱者を叩く悲しい現実は実際にあると思う。
「占領」高齢化社会を皮肉った筒井康隆っぽい近未来SF、ブラックユーモア炸裂で若者にとってはホラー。

「無脳児はバラ色の見るか?」これは検査のもつ矛盾を描いていると思う。例えば遺伝子検査、これでガンになりやすい体質と解ったからとて、がんを事前に防ぐ治療法はないわけで、迷いや不安が強くなるだけ、というケースだってあるだろう。妊娠検査も同じことで、障害児が生まれる可能性大?と言われ、さらに無責任なマスコミに翻弄される妊婦の動揺と切ないラスト。
「不義の子」医師の妻が妊娠し、浮気の相手は自分の一卵性双生児ではないかと疑う話。ラスト、長年葛藤を持っていた弟に対する気持ちが変わり、いい話でオチがつくと思いきや!
「のぞき穴」女性器に異常な執着心を持つ男が不妊治療専門医になり、ある犯罪を犯す。これってアメリカで本当にありましたね。
この妊娠出産に関わる3作品はどれも「遺伝子」というものが解明したことで振り回される人間の姿を描いているように感じました。子どもが天からの授かりものだった時代が羨ましいような…

「命の重さ」 市の福祉アピールとして骨髄バンクに登録することになった公務員のドタバタ
「老人の愉しみ」 テレパシーを持ったと思う皮肉屋の老人。ラストの選択はスッキリでこれはこれでハッピーエンド。

「虚栄」
kusakabe02.jpg
文庫本で上下2巻の大作。
短期間で命を奪う凶悪ガンが日本で流行。
政府は8千億円の予算を組んで、内科、外科、放射線科、免疫療法科の4チームからなるガン制圧のためのプロジェクトG4を立ち上げる。しかし合同で協力してがん征圧に当たるどころか、お互いの足の引っ張り合いと、地位を巡ってのドロドロの覇権争いの様相を見せる。

4大学の争いがすごいです。
マスコミや政治家を使って、相手チームを貶める犯罪レベルの陰謀詭計。同じチーム内でも地位をめぐる醜い争い。
例えば免疫療法が効果ありそうと分かると内科と外科が組んで、マスコミ使ってスキャンダル捏造。治験希望者を集まらなくしたり…、
大学病院の世界ってこんななの〜!?とまあビックラポンの世界です。
 ドラマでも大学病院を舞台にしたものを見ると、上下関係がすごい。教授って絶対逆らえない神様的存在に描かれていますね。
でも教授って大体年上だし、対して医学は日進月歩の世界なんだから、年寄りが大きな顔するのは根本的に矛盾しないのかしら?
大学病院ではなぜ教授の権威が絶対的に強いのか?素人には大学病院は軍隊並みの縦社会に見えます。

それでも悪役?外科医黒川や屈折した赤崎は反面、非常に優秀で超人的な努力家、仕事に全てを捧げている姿に、著者はある種の敬意を払っているように見えます。
 そこへいくとプロジェクトも所詮は政治家の自己都合と思いつきだったりして総理が入れ替わるとたち消えになったり、政治やマスコミに翻弄される医師たちがだんだん気の毒になってきます。
この小説はやがて各チームの重要人物が次々がんになり、論文の不正問題でドタバタし続け、肝心のガン制圧のための治療法はさっぱり見えてきません。
それでも医療の世界を冷笑的に面白おかしく描いただけではなく、「悪医」と同じく、著者の医師として考えが散りばめられています。

例えばガンサバイバーのジャーナリスト(もろ鳥越俊太郎がモデル)が外科医雪野に岸上(もろ近藤誠モデル)の理論についてどう思うか尋ねる場面での雪野の答え。
雪野は「真ガン、偽ガン」という理論に対し一定の理解を示しつつ、ガンはさらに分からないことだらけなのだ、というのです。これは私が前主治医に同じ質問をした時の答えと全く同じでした。「がんもどき論に関しては確かにそういう傾向はあると思う。しかしそれは証明されておらず、それで全てが語れないほど、ガンにはまだまだ分からない面がたくさんある」という話をご自分が体験したガンの症例を出して話してくれました。
他にも前主治医は「結局のところ医療のできることには限界があり、医師の分かっていることにも限界がある。そういう身もふたもない現実を患者には正直にいうようにしている」とおっしゃってましたが、これもこの著者の考え方と共通するものを感じます。
これは多くの誠実な医師の本音なのかと思います。
それでも患者としては医師の「大丈夫」は何よりの精神安定剤になるので、怪しい治療法に走る患者の気持ちも分かります。

今年の2月の「AERA」の特集は「ガン克服 あと10年」でした。
これを見た私は思わず買い求め、後10年でついにがんは克服できる病になるのだ、と考えました。
でも雪野はマスコミのバラ色のガン報道を諌めます。患者に理想や希望を持たせすぎるな、と言います。
それもこれも全てのガンに効果のある治療が生まれにくい、ガンという病気の複雑さを表しているのでしょうか。
さらに雪野はジャーナリスト(鳥越俊太郎モデル)が他の患者に希望を持たせたいと自分の体験を前向きに語ることを否定するのです。ガンには前向きになろうが、頑張ろうが、助からない人も多い。ポジティブに希望を語ることの罪な面を語ります。これは新鮮でした。

著者は岸上(近藤誠モデル)の理論に賛同している訳ではないのですが、「がんと人間との関係性」にどこか共鳴しているように見えます。
岸上は「ガンは自己だから」と答え、「ガンは人類のためにある」とまで言います。
この言葉の意味は後で分かりますが、まさに長生きしすぎる親をみている私にとって胸をつかれる話でした。
医師たちの人間臭いドタバタ劇を面白く読ませながら、医療に対する考え方をしっかり語っている、とても面白い小説でした。

寝たきりワンコのその後

dog
06 /10 2018
親の飼っていた16歳6ヶ月の老犬、名前はワンコ。
生後3ヶ月くらいの時、どこかの住宅街に捨てられていたそうで、回り回って実家にやってきたときは、人間でいうと中学生くらい。可愛い盛りもすぎた雑種犬で、凶暴なところもない代わりに、愛想もない犬でした。
けっこう賢くて、無駄吠えせず、見知らぬ人にはしっかり吠える、番犬としてはなかなか優秀なワンコでした。
実はこの度、老犬ホームに引き取ってもらいました。
3月から足が立たなくなったこの犬の介護をしてきて、褥瘡(床ずれ)も手厚い介護(って自分でいう?)できれいに治り、食欲もあるし、静かに寝たきりだったら、このまま面倒を見られたと思うのですが、寝たきりになった当初より獣医さんによると認知症もあるらしく、右前足だけでグルグル回転し、ペットシートからも褥瘡マットからも外れて(オムツは褥瘡が蒸れるのでやめた方がという獣医さんのアドバイスでやめた)、動く前足でウ〇コを床中にこねまくってくれたり((T△T))ヒエ〜
それはまだいいとして、一番困ったのが一晩中泣き続けること。このひと月程、昼夜逆転してるらしく夜鳴きがひどくなりました。って私は同居していないのでいいのですが、ご近所からも赤ちゃんがいるんですか?とか、このワンコを可愛がってくれてた近所の人からも昨日も3時過ぎまでずっと泣いていましたねと報告されることしばしば。ついに同居の姉が限界に達し、老犬ホームに引き取ってもらうことにしました。
色々調べて一番環境が良さげで評判のいい広々したホームを検討。決めたら情は封印し、サッサと2日後にはお迎えに来てもらいました。
しか〜し!ここで認知症の母が大泣き始めたのは想定外。
ワンワン子供のように泣き出し、私が家に帰ってからも、ひっきりなしに電話をしてきて、ネットで動画も送ってもらえるし、早速今月中にも会いに行く予定だと何度話しても、だったらなんで最後までうちで面倒見てくれないの!?と責めます。
お母さんの世話だけでも大変なのに、犬の認知症まで見てたらこっちが先死ぬよ!と怒鳴りたいところでしたが、なんとか我慢しました。
お迎えに来てもらった当日朝、子どもも会社を遅刻し、ご近所の人も一緒にみんなで見送りましたが、その間も母はずっとべ〜べ〜泣きっぱなし。お迎えに来てくれた老犬ホームの人にいつでも会いに来てくださいと散々慰められ、これは実際以上に溺愛された犬だと誤解されたなと密かに思った私です(^_^;)
後日談ですが、ワンコが去った翌日、母がワンコがいないと騒ぐのです。
え?感情を伴うことは記憶に残りやすいというけれど、あんなに泣いていたのにもう忘れたのか?とびっくり。
でもさすがにすぐに思い出したらしく、ホームが送ってくれた写真(他の犬やスタッフの若い女性たちに囲まれている)をみて、安心した様子。これで母も老人ホームも悪くないところらしいと思ってくれたら、しめしめと思う私です(笑)

この数ヶ月、親よりもこの犬の世話が大変だった姉も私も、もちろん寂しさはあります。
もともと全然かわいくもなかった犬なのに(←ひどい)、口の聞けない動物はある意味介護しがいがあるってことでしょうか?
早速ホームが次々送ってくれる写真を見ると、家にいるときよりも他の犬たちに囲まれても穏やかな顔をしています(もともと愛想のない子で散歩で他の犬がよってきても迷惑そうな犬でした)。昼間、広い庭に出してくれ、他の犬たちが構うなどの刺激を受けることで夜も眠れるようです。ボロボロ度ではこのホームでもワースト3だそうで、雑種は他に見当たりません。
しぶとくて生命力溢れるワンコよ。ホーム代は親のお金で払うから心配しないで、まだまだ長生きしろよ!

ウッドデッキに出した時用の蚊帳だの、マットの下にひくジョイントマットだの、防水シーツだの、持って行ってもらった消耗品以外にもいろんな物がどっちゃり残されました。これを見てまた泣かれるのも面倒なのでサッサと処分しようと思ったら、体調良さそうなら、今月中にも姪っ子が帰省した時に一時帰宅させたいというので、そのままにしておくことにしました。
一時帰宅したワンコを見て、「なんだ、旅行に行くようなものなのか?」と両親がショートステイに抵抗感を無くしてくれたらそれもいいか?と期待したり、老人も老犬も心が無ければ話は早いのですが、ボケても心はあります。だから介護って面倒くさいんですね。
wanko.jpeg

tonton

映画と本の備忘録。…のつもりがブログを始めて1年目、偶然の事故から「肺がん」発覚。
カテゴリに「闘病記」も加わりました。