FC2ブログ

「草間彌生 魂のおきどころ」「みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ」松本市美術館

art
09 /29 2020
IMG_5510.jpg
安曇野 稲は刈り取られた後 

IMG_5499.jpg IMG_5498.jpg
清々しい穂高神社、2羽の鶏が放飼いでよく鳴いていました

IMG_5524.jpg matsumotobi.jpg
草間彌生サイン入りの自販機

GO TO使って、信州に行きました。
台風12号とバッチリぶつかりそうな2泊3日で、列車と宿だけとって、お天気次第で行ってから考えようと出発しました。
幸い1日目、2日目は雲間から強い日差しが差して、日傘をさすほどいいお天気でした。1日目は午後に松本に着くのんびりした出発でしたので、松本城とそのご近所を散歩。松本城は子供の時から人生4度目と思いますが、年をとったせいか、天守閣に昇る階段がこれまでで一番きつく感じました。2日目は安曇野に足を伸ばしサイクリング。若い頃9月に安曇野を訪れた時、稲穂の黄色と蕎麦の花の白、コスモスのピンクが一面広がる安曇野の美しさに感動。今回それを期待しましたが、残念ながら稲穂は刈り取られた後で、蕎麦はもう栽培していないようで、コスモスはありませんでした。それでも北アルプスを背に田んぼやワサビ田が広がる安曇野らしい風景は楽しめました。荻原守衛の彫刻作品を展示した碌山美術館がツタの絡まる教会建築のような建物が素敵でした。
最終日3日目は残念、しっかり本降りの雨。
そのため長時間松本市美術館にいました。
企画展は「ミュシャ展」をやっていました。ミュシャは以前、六本木の森美術館で「スラブ叙事詩」の大作も来た大規模な展覧会に友人と行った時、ミュージアムショップの混み方に驚いたものです。ミュシャってグッズに向いているためか、プラハの空港でもチェコ土産はやたらミュシャキャラが多かったです。今回ストーンズやピンク・フロイドなどの'70年代ロックバンドのレコードジャケットや、日本の漫画など、ミュシャの影響を受けた展示が面白かったです。
しかし、この美術館に行った目的は何と言っても「草間彌生」。草間彌生はこの美術館の売りというか、松本市の売りのようで、バスまで水玉です。ちょうど草間彌生の拡大特集展示というのをやっていて、初期の作品から2009年から始めた「わが永遠の魂」シリーズの軌跡も見られ、大変面白かったです。本人から人々へ向けた挨拶もなんかすごくて、読んでて力が湧いてくるようでした。90歳すぎてるとは思えない、恐ろしいほどのエネルギーを感じます。元気のない人は草間彌生からエネルギーをもらうのオススメです。
いや〜強烈でした。文字通りめまいがしました。鏡が延々続く部屋って、だいたいめまいがしますから、そのせいもあるんでしょうが…
この美術館は市民のギャラリー的側面もあるようで、戦闘機のイラストの個展をやっていて、夫はミュシャよりこちらを熱心に見ていました。

コロナ禍の中の旅行。松本市郊外の温泉がいくつもある大きな温泉旅館に泊まりましたが、地方の観光業の方の大変さが伝わりました。
子連れやカップル、80代と思しきグループなど、各世代の旅行客でかなり混んではいましたが、ともかく旅館内でもあちこちで消毒を求められ、食堂でちょっとでも席を外すときはマスク着用。美術館内のレストランでランチを食べましたが、ここでも席に着くなり、万が一感染が出た時の連絡先として住所氏名電話を書かされるなど、地方の、お客さんには来てもらいたいけれど、首都圏から感染を持ってこられては困るという苦渋が見えるようでした。

帰りの列車の中で悲しいメールが届きました。うちのトンちゃんとも仲良しの11歳のワンコが亡くなったメールで、ワン友の悲しみを綴ったメールを読んで、私ももらい泣きして、涙とともに鼻水が出て、派手に鼻をかんでいたところ、隣の席の人が引きつった顔で席を立ってどこかへ行ってしまいました。違うんです。具合悪いわけじゃないんです〜。コロナ、本当に面倒なやつ。






スポンサーサイト



『高畑勲』展

art
10 /05 2019
takahataisao.jpg haiji.jpg
夫と『高畑勲』展に行きました。この展覧会、今週末で終わりのためか混んでいました。
そしてびっくりするほど外国人が多い。この場合の外国人とは見た目ですぐ分かる欧米人という意味なので、もしかしたらアジア系の人はそれ以上に多かったのかもしれません。
高畑勲は絵を描かない演出家でしたが、やはり展覧会の見どころはアニメのセル画や背景画。
今回、背景画の美しさに見とれました。
アニメだと動いている登場人物に目がいってしまい、背景画がこれほど緻密に描かれているとは知りませんでした。映画はまだ分かりますが、テレビアニメの名作シリーズの背景でこのレベルの絵を描くのは大変だったと想像します。
現地に視察旅行に行ったという『アルプスの少女ハイジ』は有名ですが、『母を訪ねて三千里』の背景画もガッシュかアクリルか分かりませんが、油絵タッチで入り組んだ路地を上から見た俯瞰図など、とても見応えがありました。
あちらこちらにあるスクリーンの前は人だかりで、ハイジのタイトルアニメ(例のブランコのシーン)など、大きいスクリーンで見ていると、こちらの体が浮きそうな感覚に襲われます。
現在のようなグループで分業、協力して制作していく体制を作ったのも氏の功績だそうです。
子供の心を解放するアニメ、というコンセプトが繰り返し書かれていました。
私個人はアニメは幼い頃の「魔法使いサリー」とか「狼少年ケン」とかは懐かしかったですが、「アルプスの少女ハイジ」はすでに中学生だったため見ておらず(昔はアニメは小学生低学年くらいまでのものという印象でした)、覚えているのは時々早く帰宅すると母が「母を訪ねて三千里」の再放送を熱心に見ており、「何見てんの?」と思ったことです。きっといい歳をしたおばちゃんが見ても面白かったんだと思います。
しかし大学生の頃、NHKの『未来少年コナン』(高畑勲氏は無関係)をたまたま見たらすごく面白くて、ゼミの合宿でも「あ、コナン見なきゃ」と一人見ていたら、先生に呆れられた記憶があります。しかし『宇宙戦艦ヤマト』映画版が若者に評判になったのも同じ頃なので、40数年前のこの頃、すでにアニメは幼い子どもだけのものではなかったと記憶しています。
私が最も印象に残っているアニメは「風の谷のナウシカ」で、映画館で見て、さらに原作も読み、その内容に打ちのめされました。今回氏がプロデューサーだったナウシカは残念ながら展示がなかったのですが、私が個人的に最も思い入れのある作品です。

子供が生まれてからは、ビデオで「パンダコパンダ」や「となりのトトロ」を一緒に見て、動き自体にとても子供の心をつかむ力があると思いました。それが今回氏がいうところの「子どもの心を解放する」につながるのかな?と感じました。
やはり『火垂るの墓』『おもいでろぽろ』『平成狸合戦ぽんぽこ』はどれも背景画が見ごたえがあり、『火垂るの墓』では色彩担当の仕事ぶりが展示、朝ドラのももっちさんを思い浮かべて、なるほど大変な仕事なんだなと具体的に納得したり、朝ドラのおかげで、ちょうど時代考証の下準備ができていたため、とても楽しめました。
平日でしたが、会場には国籍も年齢も様々な人がいて、年配の人も多いのは朝ドラの影響かも?いろんなところで『昭和』が人々の心を捉えるカギになっていますが、これもそんな一つなのかもしれません。

見終えて一番感じたのは、高畑氏は成功して有名になっても、新しい表現に対する貪欲さを最後まで失わなかったことです。
『ホーホケキョ となりの山田くん』はヒットしなかったようですが、このぼんやりした手抜きに見える絵が一番大変で、原画だけで3版必要となり、膨大な時間と手間、お金がかかったそうです。この作品はMoMA(ニューヨーク近代美術館)に永久収蔵されることにもなったと夫から聞きました。(展覧会にはその記載はなかったと思う)
『かぐや姫の物語』はこの延長で作られた作品で、かぐや姫が屋敷から飛び出し走る画像は、線だけ抜いて観ると、なんだか意味不明なぐしゃっとした線です。しかしこれを映画で見ると、かぐや姫というより、ケダモノのような姫の感情の高ぶり怒りを伝える表現になっていて圧倒されます。
自分が絵を描かないのに、どうして氏には完成のイメージができたのだろう?と不思議に思いました。

こういう絵を描かない人の仕事ぶりを伝える展覧会は企画が難しかったと思います。
氏に焦点を当て、同時にアニメという新しい表現を開拓した若者たちの記録として見ることができ、大変面白い展覧会でした。

『ミュシャと日本、日本とオルリク』展

art
09 /28 2019
アルフォンス・ミュシャ(Alfons Mucha 1860–1939)とエミール・オルリク(Emil Orlik 1870 –1932)というチェコ出身のふたりのアーティストに光をあて、ジャポニスム(日本趣味)の時代に出発した彼らの作品と、彼らから影響を受けた日本の作家たち、さらにはオルリクに木版画を学んだドイツ語圏の作家たちを取りあげ、グラフィックを舞台に展開した東西の影響関係を観察しようとした展覧会(千葉市美術館より)
IMG_4673.jpg
IMG_4674.jpg
今年6月チェコに旅行しましたが、ミュシャ(チェコ名ムハ)の天井画で有名な市民会館はちょうど何かの講演会だかコンサートだかで、残念ながら見られず。ちょうど千葉市美術館でミュシャをやっているというので、チェコを一緒に旅行したMさんと行ってみました。
ミュシャは「ジスモンダ」始め有名なポスターが並んでいました。そしてそれ以上にオルリクの作品が多かったです。
オルリクは1900年〜翌年にかけて来訪、ガイドも伴わずに日光、鎌倉、箱根、京都のほか、会津若松や赤倉などに足を伸ばしている。この間、絵師、彫師、摺師に師事して、約10ヶ月にわたって浮世絵の技術を習得し、他方、フェノロサのもとを浮世絵コレクションを見せてもらうため訪問、狩野派の絵師狩野友信から日本画の筆法を学んだ(Wikipediaより)。
まだ明治の時代に、とても精力的な人だったようです。
赤ん坊を背負った女性の姿や、当時の庶民の姿、生活、日常の風景は淡々と自然な印象です。
きっと日本と相性の良い人だったのかしら?などと勝手に思いました。

ミュシャの絵ははっきりした輪郭線、植物の図案化など、浮世絵の影響が色濃く見えますが(本人は否定していたそう)、当時の日本人画家にとってミュシャは衝撃を持って受け取られたそうで、「明星」という与謝野鉄幹・晶子が刊行した雑誌のイラストはもろにミュシャ風が多いです。ミュシャは当時の日本のグラフィックデザインに大きな影響を与えたそうです。
このように日本の浮世絵がヨーロッパで大きなブームになり、ジャポニズムの影響を受けた作品が今度は逆輸入され日本の画家たちに影響を与えた様子が面白かったです。

昨年諏訪湖畔のガレを中心としたガラス工芸の美術館を見たときも、ジャポニズムが当時のヨーロッパ美術界に与えた影響の大きさに驚きましたが、最近とみに日本が西洋美術に影響を与えた大きさが強調されてるような気がするのは気のせい?
確かに美術の教科書にもモネの扇子持った赤い着物の女性の絵とか、ゴッホの亀戸天神の梅の絵とか、あからさまな日本大好き作品が載っていましたが、例えば基本シンメトリーだった西洋絵画の構図が、浮世絵の影響で中心をずらす新しい視点を与えられたなど、当時の西洋絵画により根本的な影響を与えたと知ったこともあり、へ〜と思わず感心。

千葉でランチして駅前のそごうに移動。ここでMさん、久しぶりのデパートらしいデパートに興奮。確かに千葉のそごうって広々した空間、あちこちにベンチがあり、昔ながらの「ザ・デパート」のイメージを保っています。マイペースな彼女、あれこれ見始めるとキリがない様子なので、私はトンちゃんの散歩があるからとさっさと別れて早めに帰宅しました。

『ギュスターヴ・モロー展 サロメと宿命の女たち』パナソニック汐留美術館

art
05 /06 2019
moreau.jpg moreau2.jpg


ようやくGWも終了ですね。私はご近所散歩数回と美術館に2日間出かけたのみ。友人宅で年に数回集まるメンバーでおいしいつまみを肴にお酒をいただいたのが一番楽しい一日でした。予定していた断捨離は予定の1/3程度。それ以外は親の問題で出かけることが多かったです。
5日朝のNHK「日曜美術館」はギュスターヴ・モロー展の特集でした。平野啓一郎がテカテカ光るブラックスーツでホストっぽく決めて案内人をしていました。それを見て「ある男」をH子から借りたまま読み忘れてることを思い出した私。
ゲストは「怖い絵」で有名な中野京子さんと、我らが小学生時分「オラは死んじまっただ〜♪」という歌が大ヒットしたフォーククルセダーズでただ一人ご存命な北山修(精神科医)の二人。普通だとNHKの教養番組らしくゲストたちは綺麗に話をまとめるのですが、この二人の意見が真っ向から対立。最後まで中野さんが何か言うと、北山修がチャチャ入れて、お互いニコニコしながらどこまでも意見が噛み合わない様子が面白かったです。中野さんは面白い人で、モロー晩年の作品のことを「やたら細かく書き込んでいて、まるで『大金持ちのゴミ屋敷』」と評したのには大笑いしてしまいました。
この作品は今回の展覧会にはなく、モロー個人美術館の動画の中で映されていました。人物がつけている宝飾品などとてもリアルで実物をぜひ見てみたいと思った作品。
夫とその番組を見て、日曜美術館で取り上げられると混み出すから、今日行ってしまおう、と午前中から外出。
今回のモロー展はざっくりした習作が多いため、「大金持ちのゴミ屋敷」的作品は残念ながらありませんでしたが、一枚の絵が出来上がる過程がよく分かる興味ふかいものでした。
男を翻弄し破滅へ導くファム・ファタル(宿命の女)特集だそうですが、神話の世界って(知性ゼロな表現ですみませんが)エロくてヤバい人々がたくさんいるなぁ(笑)
だいたいゼウスはん、惚れた女性を誘惑するためには白鳥に化けたり、牡牛に化けたり、この方、確か美少年に惚れて鳥類にも化けてたはず。
サロメちゃんも踊りの対価にヨハネの首を王に所望するって、あ〜こわ!
と毎度お馴染みのどんな芸術も自分のレベルに貶めてしまう悪いクセを発揮しながら鑑賞させていただきました。
だから感想は「あ〜変な人がいっぱい見れて面白かった〜♪」と言うしょうもない美術鑑賞ながら、朝番組見て、速攻出かけたおかげでゆったり鑑賞できましたが、見終えてミュージアムショップ眺めていたら、外はもう入場制限で長蛇の列。
フットワークよく出かけてきてラッキーでした。
珍しく美術など全く興味のない子供も一緒でしたので、汐留の高層ビル上階でお台場でも眺めながらランチしようと42階の和食の店に入ったら、窓際の席に通されたものの、目の前にはドド〜んと電通本社ビルが。全く視界が開けません。休日なのにせわしなくエレベーターが上下して働く人々の姿が見えました。電通社員大変だなぁ。
帰り道、親の老人ホームにみんなで寄りましたが、ホーム移ることも完全に忘れてました。でもシクシクしてなかったので、ホッとして帰宅。

GW『藝大コレクション展 2019』『ごとう あや展「あたらしい星のありきたりの庭」』

art
05 /02 2019
geibi.jpg penga.png

GWいかがお過ごしですか?
両親の老人ホームを変わることになり、新しいホームに話を聞きに行ったり、両親を連れて見学に行ったり、新しいホームのケアマネとの面接等々で過ごしましたが、その合間を縫って、美術展に行ったり、友人宅で飲み会に呼ばれたり、本当は断捨離に当てたかったのですが、洋服をゴミ袋3つ分と食器を捨ててプチスッキリしたものの、一番やりたかった書類関係の処分は進んでいません。

それにしても年寄りというものは、これほどわがままなものなんでしょうか?
そもそもの始まりはGW前、すっかり足が弱った父を連れて温泉に行こうと姉と企画、両親と兄弟3人、孫たちのうち3人が参加、総勢8人で車で近場の温泉に一泊旅行に出かけたのが4月中旬。
なかなか豪華旅館で、みんなで温泉に浸かり、お酒を飲み、ごちそうを食べ、桜と菜の花のキレイな風景を楽しみ、思いの外楽しい旅行で、父と旅行なんて小学生以来!(でも我が家には痛い出費でした(>_<))
しかしこれが母に里心をつけてしまったようなのです。
そこから連日ここ(ホーム)から出ると言い出し、なだめに通うものの、同じ市内といっても行きづらい場所なこともあり、正直しんどいな〜と思っていたところ、いつものように母に会いに行くと、しっかり部屋の鍵を閉めていてなかなか開けません。ようやく開けたと思ったら、ワンワン泣いているのです。
「どうしたの?」と聞くと、窓の外を指し「この景色が知らない場所なのが嫌だ」と言います。
さらに「もうご飯を作ったり家事はしたくないから、こういう3食出て来るマンションでいいけど、もっとあなたの家のそばにして。」と言います。
今両親が入っているホームはマンション型で、ケアマネと相談してサービスをつけるタイプ。
介護の必要ない元気な若い人も入っているため、ホームの雰囲気がとても明るく、毎日何やらかのイベントやらカルチャーもあり、友人もでき、母はとても楽しそうに見えたのですが、ともかくワガママな婆さんなんで言い出したら聞きません。
そんな折、会計担当の姉が確かに今のホームだと●年で貯金が底をつくと言い出し、二人で探してみると、何と家から20分かからず歩いて行ける場所に新しいホームが出来ていました。
見学に行ってみると、母にとってまだ元気だった頃、買い物に街に出る途中の道で、とても風景に馴染みのある場所なのです。おまけにちょうど部屋が開く予定。両親を連れて見学に行くと、父はともかく母はすっかり気に入り、ここに住みたいと言います。
ここはいわゆる介護付き老人ホームのため認知症の人も多く、今のホームがセンスが良くオシャレなのに比べ、壁に折り紙が貼ってあったり、幼稚園的飾りがあったり、私だったら絶対イヤだなと思うのですが、考えたら母も認知症なので気にならない様子。何と言っても値段も安くなるし、ここならトンちゃんのお散歩ついでに毎日顔を見に来ることも可能です。(別に毎日会いたくはないんだけどさ)
まあそんなこんなでGWも親関係がメインです。
こんな事情で色々予定が狂いましたが、ご近所散歩でステキな個展に出会えました。
まだ若い女性のペン画と銅版画の個展。いわゆる細密画ってやつで、一枚の細密ペン画に「どのくらいかかったんですか?」と聞いてみたら、B2サイズ位で2ヶ月だったり、3ヶ月かかったものも。先日この近所で見た銅版画といい、辛抱強くないとできないタイプの絵画です。
このギャラリーはあまり来た事がなかったのですが、明治期の洋館をリフォームしたギャラリーで、何ともレトロ。
レトロ空間でみる、不思議な細密画に心奪われました。
もう1日は上野のバレエホリディに行ったついでに、「国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅」 展を見たかったのですが、行列が嫌いな夫はイヤだと言い出し、空いてる芸大美術館でゆったり絵を見て、谷中の墓地を抜け帰宅しました。
しかしGWの上野、ともかく人が多くて、お昼を食べようと思ったけれどどこもめちゃ混み。屋台フェスタみたいのをやってたので、つまみと赤ワイン飲んだだけ。この日は13,000歩歩いたので、ダイエットにはなったかな?

新緑の季節なら、ご近所のお寺もなかなか。気分は京都?↓
IMG_4116.jpg IMG_4115.jpg IMG_4104.jpg
レトロな市のギャラリー↓
IMG_4122.jpg IMG_4123.jpg
上野↓
IMG_4093.jpg






tonton

映画と本の備忘録。…のつもりがブログを始めて1年目、偶然の事故から「肺がん」発覚。
カテゴリに「闘病記」も加わりました。